『津山の家』

キッチンバックカウンターとダイニングのワーキングカウンター(kitobito) はクルミです。一年一年時を経て家族と共に味が出てくるのが楽しみです。
キッチンは明るい場所で過ごしたい。また、ご先祖を大切に考えられる方で8帖の床の間と仏間のある和室が必要。という施主様の最初の要望を叶える為に間取りに大変苦労しました。限られた奥行きの中で裏通りに7帖の主寝室と水周りを配置し、家の中にあった井戸を外に出して、災害時に浸水を避けるため土地を上げてと、課題は多く大変頭を悩ませましたがそれでもなんとか納めることができました。奥様はカントリー調がお好みでしたが、「永井建設の家づくり」は尾引き天井に杉板張り。ついつい和風になりかけては軌道修正をするという場面が何度もあって、でも、出来栄えはどう見ても和風寄りです。照明器具もご自分で選ばれ、カーテンを決め、完成した今少々お疲れ気味の奥様です。ご苦労様でした。スミマセン・・・・・
f0207213_19561933.jpg
f0207213_19562876.jpg

奥様の「カントリー調」の夢を叶えるため、一番親身に考えてくれたのはkitobitoでした。お陰で可愛い洗面化粧台になりました。ホワイトパイン材に白い塗料をかけています。
f0207213_20395410.jpg
二階の子ども部屋は三部屋共ロフト付きです。その一部屋、ここは大工工事で本好きで文学青年のご長男の為に本棚付きの机を付けました。パソコンや液晶TVも納まるように配線もしてあります。
f0207213_20495735.jpg
f0207213_20401287.jpg
敷地いっぱいのスペースの無さで一時はどうやって納めようかと不安になった時期もありましたが擁壁をして濡れ縁をして沙羅の木を植え、前の玄関にあった松を移植して、家が堂々として見えるようになりました。一段落したら塀をします。
f0207213_19563684.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2009-07-10 20:27 | 建築現場
<< 『あかりあん』 『津山の家』完成 >>