終の棲家

9月14日  地鎮祭でした

この現場は、老夫婦が長年住みなれた家を売って、ご長男の住まれる隣の敷地に自立生活のできる東屋を建てられるという現場です。

息子の世話にはなりたいが、おんぶに抱っこは辛い。まだまだ、自分で役に立ちたい・・・・。
予算は、10坪の家!!そんな思い立ちから、この春から取り組んでいました。農申解除、プラン、見積・・・。70歳過ぎたご夫婦にとっては、生涯最終の一大事業です。

実直で優しいご主人と、几帳面で思いついたらまっしぐらな奥様。
最初は「造成して、家は8坪で、水廻り、寝室、収納まで。予算があれば車庫も・・・・。」正直困った;;;; 
なんぼ、狭小住宅の設計で腕の見せ所があるって言ったって、ここは美作

それでも、ご夫婦(いや、奥様の思いが強かった;;)の生真面目さに打たれて役所への奔走から始まって半年。やっとめでたく地鎮祭にこぎつけました。
f0207213_1841043.jpg

今のご自宅にも、工事のつど、こんな礎石が残してあります。そして、ここ(造成の擁壁のコンクリート)にもご主人の名前を刻んで・・・・・
f0207213_18412241.jpg

奥様の柏餅(柏の葉は、植えてあって、冷凍にして保存してあるそう)これが美味しいんです♪
f0207213_18413787.jpg

うちの小川さんは、葉っぱも食べるんです。
f0207213_18475328.jpg

昨日、9月14日  無事棟上を完了しました。
・・・・・・・・続きは明日。

浜野に久しぶりに伺いました。嬉しいお便りのお礼が言いたくて・・・。
明日が始業式という8月31日。予想通り姫たちは元気でした。お友だちが遊びに来ていて楽しそうです。
f0207213_1841582.jpg

宿題が一つ見つからないといいながら、楽しそうに演奏してくれました。
f0207213_18421321.jpg

そのうち、お父さんが宿題を見つけてくれました。よかったね・・・・・・。

ほんとにいつ伺っても明るいお宅です。ちょっぴり、子育てしていた頃に戻りたくなりました。
[PR]
by nagaikensetsu | 2010-09-15 18:56 | 建築現場
<< もう秋です 長~い夏です >>