美咲町の現場は・・・

連休前に若い大工達の頑張りと下山左官さんの協力で、きっちり囲え安心してお休みが迎えられました。2階の床が張れて一階の床の準備が進んでいます。
タッキーたちと、以前「玄関が木製の時はなかなか戸締りができないので、仮の戸を付けるなにかいい方法はないかな?」と話したことを、彼はきちんと覚えていてくれて仮戸を作ってくれました。
f0207213_20253976.jpg

職人は喫煙者が意外と多く、現場でいつも吸殻の処分に嫌な思いをしてきました。年上の棟梁や職人さんになかなか意見ができず、考えあぐねていた頃・・・・
あるとき、施主さまから「現場内に煙草のすいがらの入った空き缶がある。中で吸うのは止めて欲しい。」・・とお叱りを頂いた。
「よし、いい機会だ。」
叱ってくださった施主さまに感謝しながら注意書きを作り現場に行き一番若い高山君に読んでもらった。それから、マナーは改善されたように思う。
現場はきれいじゃないといけない。足元に、ゴミがあっては怪我に繋がる事もある。タルキ一本、床板一枚、みんな施主様の思いが詰まっている。
そんな思いをきちんと理解してくれた現場が、『美咲町の家』・・・そう、今日は感じながら現場を後にした。大黒柱も上手にベニヤで養生しています。これなら、何がぶつかっても安心です。
ありがとう!
f0207213_20372558.jpg

庭のヤマボウシが花を開き始めました。初夏です。
f0207213_20394086.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2013-05-17 20:42 | 建築現場 | Comments(0)
<< 俊の自邸完成! ココアな日々 >>