工事も佳境を向かえ・・・

現場は足場が外れ、外構班が半年ぶりに現場に戻ってきました。
奥様に「久しぶり!!またよろしくね。」
と、気持ちの良い挨拶を頂いて、現場に向き合うスイッチがオン!
f0207213_19524704.jpg
中では、kitobitoのキッチンが骨組みで据えられました。
f0207213_19522389.jpg

キッチンが入り始めると、ほぼ大工の作業は終わっているのが常ですが・・・
ここの現場はそうはいきません;;;


f0207213_19521651.jpg
八畳の和室・・・客間、床、仏間。。
大工の腕の見せ所でもあり、落ち着いて更に丁寧に、気を抜かず仕上げる最終の工程なのです。
ここで、何があっても「急げ!」は、禁句とするのが私のポリシー。
f0207213_19520612.jpg
玄関の天井も丁寧に張られました。『格天井』
格子組が手間がかかる仕事ですが、丁寧に仕上がっています。
f0207213_19523122.jpg
急ぎたいけど急がない!丁寧は効率が良いのです。



[PR]
by nagaikensetsu | 2017-03-16 20:10 | 建築現場
<< 華僑・・ではなく!、佳境を終え... 3月の工程会議は、脳トレ、筋ト... >>