カテゴリ:つぶやき( 57 )

特別な朝を・・・みなさまに。。。

f0207213_16005803.jpg
今朝の景色の美しかったことと言ったら・・・
製材所のある永井建設作業所は、美作市でも西南の端に位置しています。
山間部なので、気温が下がると一年に2回程度5センチくらい雪が積もります。
f0207213_16033300.jpg
・・・朝は気温が低いので融けないで雪景色になります。
今朝がそうでした。
f0207213_16084672.jpg
山々の木々に雪が凍ってまるで樹氷のようでした。
(日が射しはじめると一瞬で消えてしまう芸術です。)
不便な土地ですが、森林の恵みを享受しつつ、
スペシャルな雪景色のプレゼントに元気をもらっています。。
f0207213_16042150.jpg
f0207213_16024662.jpg
f0207213_16013624.jpg



[PR]
by nagaikensetsu | 2017-01-17 16:17 | つぶやき | Comments(0)

マザーイベント

11/4美作市湯郷/上山棚田でマザー・アート・フェスが、始まった。
我ら、『あさのあつこの会』はあさのさんの生家で、『繋がる命』をテーマにセピア色のモノクロ写真から現代のカラー写真を『木』に見立てた壁に貼り付けました。
テーマのモニュメントは、あさのあつこ著『燦』より・・あさのさん自薦「母」の一文を
f0207213_19243461.jpg

会員総出の準備も楽しみながら・・・
f0207213_19254058.jpg

早速、山陽新聞にも掲載されました。
f0207213_19273564.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2013-10-07 19:29 | つぶやき | Comments(0)

彼岸

暑い暑い夏が終わった。。。
自然の営みの暦は、正直に季節のうつろいを知らせてくれる。
名の謂れを裏切らない花・・・彼岸花
f0207213_12405562.jpg

山間の道でふと見つけたアゲハチョウは『モンキアゲハ』といって、日本最大の蝶
蝶の寿命は3週間、一年に4回羽化して100個の卵から0.6匹の確率
軽やかに、彼岸花と戯れていた。
しずかだった・・・川のせせらぎだけが響いて、優しい光に包まれた、束の間の豊かな時間。
今年の中秋は、見事な名月。。
f0207213_12495212.jpg

事務所の庭にも、秋が・・・
秋明菊、フジバカマ、段菊、イチジク、ノビル、シモツケ・・・・只今雑草と格闘中;;;
f0207213_12532435.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2013-09-24 12:55 | つぶやき | Comments(0)

実りの秋

待ちかねていた、いちじくが熟れはじめました。
去年まで1個か2個しか生らなかったのが、今年は社長が肥料を入れてくれたおかげで
グングン成長して、沢山の実をつけました。
うれしい!!今年は食べ放題だ!・・・と喜んだのも束の間・・・・・
先日の台風で割れた実に、スズメバチが!!
なんと哀しい~近寄れない・・・。朝一番ならば、と早起きしてみたものの
居ない!!今だ!!・・・・・・ブ~ン・・・・何処で見ていたのか・・・。
近寄れなければ、見ているだけデス。取らなければどんどん熟れてきて、カラスクンが突付いて帰ります。つついたところは、甘いのでさらにスズメバチが喜びます。
何事も共存の社会ですから・・・・・。恨めしそうに道に佇んでいる日々・・・。
f0207213_17423974.jpg

『彼岸花』とはよく言ったものです。
今年の彼岸は116年ぶりに22日でした。
裏庭の池のまわりに植えた紅白の彼岸花が22日にはちゃんと蕾を開きました。
なんとなく過ごし易くなって、現場のみんなも楽になっただろうと思うと、ホッとします。
f0207213_17461872.jpg

表の庭の『秋明菊』の白がきれいです。
f0207213_17481591.jpg

これは『アケビ』
くろせ農園のご自宅の庭には、アケビがあります。懐かしくって、取ってもらいました。
小さい頃学校に通う山道で、取りたくても取れなくて、悪ガキ達はよじ登って、ぶら下がって取っているのに、サルみたいに上から種を吐き出してくるのを、悔しい思いで見ていたなぁ。
f0207213_17544193.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2012-09-27 17:59 | つぶやき | Comments(0)

愛育委員

去年の春から2年間、初めて愛育委員をさせて頂いている。
今までなんで役まわりが来なかったかと言うと単純に、「お世話になりっぱなしだった。」
と、言うだけのこと・・・。
なら、この辺りで恩返ししないと!!と素直に受けてはみたものの、会議は忘れる、遅れる、欠席する・・・・とんでもなくいい加減・・・。
「敬老会の送迎バスに乗ってもらいたい。」との依頼に、挽回のために二つ返事で引き受けた。
9月16日7時45分集合、上山方面のバスで10人のお年寄りをお迎えに・・・。
見慣れた風景も自分で運転するのと、バスに乗るとでは視点が違う。
空き家になった家、荒れ果てた段々畑、うっそうとした山々ばかりが目立つ。
私たちを見守り育ててくれたおじさんやおばちゃん達が、気が付けば白髪や、しわが増えてチョッピリ小さくなられたのに気が付く。
でも、なんでバスに添乗するかというと、「乗り降りの介助」だったはず。
いやいや、田舎のご老人は、自立していらっしゃる。
手すりも持たず、さっさとバスに乗り込んで、もてあました介助者はただ乗ったり降りたり???
家や田畑を守り、野菜や米を作り、遠くに暮らす子や孫に送るのを生きがいにする。
20年後の自分を重ねてみたら、・・・・「ありえない」「無理!!」
いまだに、おじさん、おばちゃんたちに甘えている(いや、甘えていたい)自分に気がつく。
バスを降り、杖をついて自宅に帰るおばちゃんの後姿に、心の中で『敬礼!』
妙な安心感に抱かれた一日だった。
[PR]
by nagaikensetsu | 2012-09-17 17:20 | つぶやき | Comments(0)

2012元旦

明けましておめでとうございます。
2011年は、若手のパワーで乗り切れた感がします。
まだまだ伸びる可能性を秘めている彼ら・・・だから周りが元気になるんです。
2011年の締めくくりに、餅つきをしました。
棟梁とその弟子、中々のコンビネーション♪
f0207213_1641366.jpg

臼2つで頑張って!!
f0207213_16414618.jpg
f0207213_16415888.jpg

美味しいお餅がつけました。
年が明けて、土木は年度末がやってきます。
建築は、岡山市内の現場が当分続きます。朝が早くて大変です。
健康に気をつけて、事故の無いように過ごしましょう。
そして、2012年も心を一つに頑張って行きましょう!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2012-01-02 17:04 | つぶやき | Comments(0)

笑顔がステキ

久々に、勝田の家のお宅に伺いました。
3ヶ月ばかりの間に、モモちゃんは弟が生まれてお姉ちゃんになっていました。
でも、愛らしいひょうきんなところは変わっていなくて、嬉しい再会でした。

f0207213_19334987.jpg


尚武ちゃんもだっこさせてもらって・・・♪
なんだか、あちこちに孫ができたような嬉しさです。

f0207213_1934423.jpg


11月初めの事・・・・
備前の中古住宅の仲介が成立して、リフォームがあるので見にいきました。
100年は経っていると思われる家の構造材に感心しながら、古い建具もそのまま使って、天井はご主人が自分で拭きますから・・・・と時代を感じさせるこの家を
生かして・・・・と尽きない話しに盛り上がっていたら、ふっと目についたのが「ミシンの脚」
「えっ古そう!!欲しい!!!!!」と、気付いたら遠慮もない言葉がおもわず口から飛び出していた。
「貰われたら??」と買い手の方が・・。「ホント?欲しい!!」
帰ってよく考えたら、まず脚しか見てない;;;
それに、なんてぶしつけな;;;;;  反省したけどやっぱり欲しい。
「タダじゃ申し訳ないから、譲ってくださいとお願いしてみて・・」・・・そう
担当者に頼んで、譲っていただけることに♪見てないけど;;;

そして、やってきたのがこのミシン
f0207213_19445581.jpg


きっと、私のところに来るようになっていたんだわ♪

契約の日、いらないと言われるのをお願いしてお礼は受け取ってもらい、
「どこかで、繋がっていると思えると私たちも嬉しいです。家もミシンも大切にしてくださる方の元に嫁いでくれて・・・」

うれしい言葉をかけていただいて、何年何十年何百年経っても受け継がれるものの幸せをしみじみと感じた一日。

よしっ!!やっぱり私の造る家は住み継いでいける家デス
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-12-24 19:50 | つぶやき | Comments(0)

冬のある日・・・

これなあに???
f0207213_2354192.jpg

日曜日のある日、なにやら勝手口がにぎやか
父の後ろからにぎやかなおじさんがついてくる。「永井さん、一升でええよ2000円じゃ」
なんで名前まで知ってるの??
懐かしいポン菓子のおじさんだ。
「一升もいらんよ」「なんで、5合と400円しか違わん!損じゃって!!」
大きなお世話だ・・多すぎたら食べ切れないから勿体ないの!!
あっちこっちの人の名前をやたら知ってると並べ立てる。
最後は、健康食品のチラシまでCD付で出す始末
玄米5合に黒豆を混ぜた。
爆発音と共にポ~ンと白煙が飛び出す。
f0207213_23553767.jpg

かごからザザッと出てきたのは、米菓子だ。
砂糖を煮詰めてたっぷりかけたら、黒豆と固まって結構イケた♪
しかし・・・あのおじさん・・調子ヨカッタなあ~

12月2日

久々に地域公演を呼んだ。
福岡から来られた「にんぎょう劇団ののはな」さんは
去年英田の読み聞かせで呼んだ劇団。
とにかく面白いから!!と誘った空間工房の奥様は、快く子連れで来てくださった。
しかも、遠い津山から・・・・
f0207213_043663.jpg


楽しかった感想をブログに書いてくださった。
早速帰って作ったという紙細工のカエルくん
f0207213_072044.jpg

とっても上手に作れてました。
こんな、素直な喜び方が今でもあるんだって、感動しちゃった♪
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-12-10 00:05 | つぶやき | Comments(1)

長い間の出来事パート2

2週間夫が出張で不在だった。
夫は即ち社長なので、会社に社長が長期不在なのは大変不安でもある。
何事もなく過ぎるようにと祈る・・・・。
祈りながら・・・・・「こんなに離れて暮らすのは初めてのこと。」
「出産のときでも一週間強だったな・・・・・」
「寂しいのかな???」
「いや!!!ひとりじゃ♪」
「寝る起きるも食べるも・・・・TVだってチャンネルフリー」
「何処に行こう!?」「何をしよう!!??」

そんな楽しげな空想に浸っているうちに、引渡しに奔走して気がついたら2週間経っていた;;

そして今日帰って来られる;;;;『お疲れ様』と、まず言おう。

母が10月31日に膝の手術をした。
今日、外泊で帰ってくる。
だから、娘がいないと父と二人。帰ったら寝ているし、朝食で一緒になるだけの生活。
ある日、カレーを作ったらつい5人分作っていた。何日も食べた。
一人暮らしってこんな感じなのかとフッと思った。

もうすぐ母が退院するとまた5人分の食事に戻る。
有り難い事なんだな。

先祖墓の移転の話が持ち上がり、偶然にも「永井家の系図」なるものに巡りあえた。
宇多天皇の時代から始まっている系図は寛永4年で終わっていた。
江戸中期らしい。
武士の家系だったらしく、僧侶になった人もおられたようだった。
絵空事なのか、引き継がれたものなのか。何人かの人が書いたのは筆跡の違いと紙が一度継ぎ足され破れも裏から貼られて一文字書き足してある。大切にされていたのは推測できた。
途中から永井の姓に変わったことも書かれていた。
そして、一番嬉しかったことは、最後『民間に下る』と書かれてあった事。
侍を辞めて一人の人として生きようとされたのか。ホッとした。

もし本当なら、「位」とか「血筋」とかの真実よりもこの系図を今に残してくださった事への感謝でしかない。自分自身に流れている血は遥かなる昔より引き継がれしもので、あわ粒のように突然生まれたものではない事を改めて思った。このことは、地球上に住む全ての人に共通することでもあるんだな。みんな今を大切に、出会いを大切に生きなければ!!

建部の現場に行く途中、トイレ休憩で立ち寄ったセブンイレブンのドアを開けたら、正面に知人が立っていた。思わず抱きついた。
彼女は親戚に嫁いできた人で、夫と死別して岡山市内に住んでいて5年程前に息子が病気で急死し、引きこもっていたらしく、逢いにも行けず居場所も分からずにいた。
店を出て立ち話をして、立ち直った様子に安心して別れた。
        建部の家引渡しのうれしい日の出来事だった。

87歳と96歳のゲートボール夫婦と話しをした。明るかった。泣き言を言わない若々しい夫婦に元気をもらった。

52年も生きていたら、いろんな時代の流れに翻弄されているのが少しだけわかる。
今日は、愛育委員の講演で80才の新井愛育委員長の「100歳まで生きる人生設計」の話しを聞いた。
80才から見たら52才なんて子どもなんだろうな。

なんだか無茶苦茶忙しかったのに、時代劇のようなスパンの出来事に気付かされ、自分の存在と今を生きることについて考えさせられた2ヵ月だった。
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-19 14:35 | つぶやき | Comments(0)

長い間の出来事

遂に2ヶ月も更新できなかった・・・記録更新
この2ヵ月の出来事を、遡ってUPしました。以下遡って読んで下さい。
私は元気でした。
9月から11月、美作市の募集する健康教室に1ヶ月に2回計6回コースに行きました。
有酸素運動がいい。腕を振って1歩を 身長-100 で歩く(かなり大股)
そう聞いて、裏の堤防を15分歩くことにした。
体重計を買い、歩数計を付け、歩いた。1ヶ月したら、身体が軽くなって2キロ減!!
腕を振るので、肩こりが違う♪
そのうち忙しくなり一日200キロ車で移動する生活に、歩数計は一日3000歩しか延びない。
体重を計るまもなく帰ったら寝てしまい、歩こうにも事務所に着いたら真っ暗。
11月までの1ヶ月は歩けない日々に逆戻り。
あ~ぁ体重キープ?減量?  いったいどうなるこの身体~;;;;;
早く元の生活に戻さんと!!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-18 22:35 | つぶやき | Comments(0)