<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

記念すべき日!!

今日は、25日から準備していたベランダ屋根工事の棟上でした。
俊とタッキーが二人で、会長に習いながら墨を付け刻みをした建前です。
4時ごろ現場に行きました。二人は意外に平然と、黙々と作業をしていました。
一日一日、大工らしくなっていく二人です。
f0207213_18474826.jpg

f0207213_1853791.jpg
この柴犬、やたら吼える。(現場のお宅に飼われている柴犬)おとうさん、お静かに!!
f0207213_18472491.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-29 18:49 | 建築現場

見学にお邪魔しました・・・・・。

大工志の『俊』がいよいよ自邸を建てる準備に入りました。
去る、9月20日 津山の家、築港の家、西元家、高下の家を見学しました。
津山から岡山岡山から美作勝央美咲と北から南の大移動でした。
f0207213_11273035.jpg

快く見学させていただいた、施主様に感謝いたします。ありがとうございました。

その見学の最中、西元様から思いがけない話しが・・・・。
f0207213_11275994.jpg

この時計、新築祝いだそうですが。

これ、kitobitoの米戸さんの作品だそうです。

世の中は狭い!!私たち、こんなところでも繋がっていました。ウレシイ。。。。。
[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-29 11:30 | 建築現場

湯郷『五十里』

先月末からの突貫工事で湯郷レストラン跡の観光案内所の隣をリフォームしていました。
「つるつるてん」「わたぼうし」が移転して、20日に居酒屋としてオープンします。
看板文字を書く人を探していたところ、思いついたのが西元様の奥様です。
御願いしたところ、快く受けてくださりこんな立派な看板ができました。たおやかな線の筆文字は2児の母の優しさでいっぱいです。
f0207213_1713268.jpg

”五十里”と書いて”ゆかり”と読むそうです。(オーナーの奥様の名前。。。)
f0207213_1715431.jpg

8室とカンター席です。
f0207213_172361.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-17 17:10 | 建築現場

チルチンびとでお馴染み『勝間田の家』西元家その後・・・・

2006年永井建設の社長とおばちゃんはこんなに可愛い女の子と出会いました。
名前は千冬ちゃん「ちーちゃん」です。アンパンマンが大好きで、何故か社長が大好きで、いつの間にか社長は「シャチョウ」という名前になりました。ちーちゃんはいつの時も一緒で西元家の家造りはちーちゃん抜きでは語れませんでした。
f0207213_16423344.jpg

それから3年・・・・・家族がひとり増えて倍にぎやかになりました。
「和夏ちゃん」ちーちゃんそっくりの女の子です。もう、歩けるんですね。この後、和夏ちゃんは、社長に抱かれて離れなくなったんです。ナンでかなぁ???幼児の女の子にモテる?????オーラがあるんです。
f0207213_16431855.jpg

砂遊びが大好き♪パパさん手作りの遊び場は和夏ちゃんのお気に入り♪♪
f0207213_16434467.jpg

ちーちゃんはとっても背が高いし足が長い!!鉄棒も小さく見えます。おねえちゃんを見て和夏ちゃんも鉄棒をやる気満々です。
f0207213_16441123.jpg

来年はピカピカの一年生。見てください!!このしっかりした顔!すっかりお姉ちゃん。自慢したいくらいです。(自慢シテマス。。。)
f0207213_18215835.jpg

『セルフビルドの棟梁』西元さんは、遂に裏の板塀を完成させました。チルチンびとの取材の為に南の外構を造ってから3年、車庫に物干し小屋、長机、ベンチにテーブル・・・・・これから食卓テーブルを作られるそうです。
f0207213_16451328.jpg
f0207213_16452673.jpg

この5月には書道に木工、手仕事の好きなグループで『奏生展』をこの家でされた多才なご夫妻。永井建設の造った家が活き々しています。うれしい!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-16 17:20 | 建築現場

講演会に行ってきました

9月12日に立命館大学で行われた講演会に行ってきました。

<これからの木造住宅を考える連絡会>主催のフォーラムです。

f0207213_13351255.jpg


棟梁や研究者、国交省の方々が9名集まり、パネルディスカッションを4時間行いました。

f0207213_13393273.jpg
f0207213_13394436.jpg


近年建築基準法がどんどん厳しくなる中、伝統工法の建物が建てられなくなっている

という現状に不安と不満をいだく人達の主張の場として

様々な意見と考えを聞いてきました。


ハウスメーカーのような工業製品を使って建てる家がはたして

本当に日本の未来に残っていく建物なのでしょうか?

建築基準法で一概に決めてしまっていいものなのでしょうか?


建てたいお客様がいて建てられる業者がいるのに

基準法によって建てられないっておかしいですよね。


木や土といった自然素材を使い、足元と地面を緊結しない石場建てなど

昔から伝えられてきた方法をもっとたくさんの人に理解してもらいたいと思います。



ikumi
[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-15 14:17 | 事務所日記

フードプロセッサーで作るブルーベリーベーグル

事務所製のブルーベリージャムの活用 第?弾 お菓子作りが趣味のスタッフです。

ついにフードプロセッサーまで事務所に持ち込んでしまいました。
お菓子作り他いろいろ重宝に使っていますが、パン生地も少量ならこれで作る。早くて簡単、おいしいベーグルが焼けました。


材料 3個分
ドライイースト 小さじ2分の1
ぬるま湯 80~100cc(ジャムの水分が多そうならお湯は少なめ)
強力粉  150g
砂糖 小さじ1~2
ベリージャム 大匙1 (好みで適当です。なければプレーンベーグルになります。)
塩  少々


フードプロセッサーにドライイーストとお湯と砂糖を入れます
f0207213_1556916.jpg


強力粉、塩、保存しておいた自家製ブルーベリージャムを入れて混ぜると、あっという間にこんな状態になります。
f0207213_15573036.jpg

このまましばらく混ぜ続けると、生地が一塊になってきます。とってもきれいな色でしょっ!!
f0207213_161538.jpg

取り出して生地がきれいになるまで少しこねます。
f0207213_162203.jpg

3個に分けて10分休ませてすぐ成型。
ほんとうならここで干したブルーベリーが欲しいところですねえ。
一時発酵は必要無しです。成型後に15分~30分放置。やや膨らんだ状態になれば、
f0207213_163788.jpg

お湯で両面を30秒づつゆでてすぐに暖めておいたオーブンに入れます。
f0207213_1632894.jpg

200度のオーブンで15分、ただし事務所のオーブンは温度調節が出来ないオーブントースター型。
焦げ過ぎないように様子を見ながら15分。
f0207213_1633844.jpg

手でこねなくても、もちもちふっくらベーグルが出来上がり・・・

お勧めしたいのはフードプロセッサーの有効活用。
私はいつも、パン、ピザ生地、生パスタ、クッキー生地、パイ生地・・・その他こねるものすべて・・・
これで作っています。みなさ~~ん、お持ちの方は、仕舞い込んでいませんかぁ?
洗物も簡単ですよ。ぜひお試しください^^

来年はベーグル用に干しブルーベリー製造するぞ!


スタッフS.K (=^ー^=)♪
[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-14 16:42 | 事務所日記

手作りマフィン

大切に冷凍してあった干しブルーベリーを使ってマフィンを焼きました。

お菓子作りのベテランはうちの事務所にはたくさんいるけれど、、、

今日はあえて初心者の私がお菓子作りに挑戦します!

優秀な助手!?のもとに。



f0207213_17231284.jpg


うちは基本的に全部手作り。

マフィンのカップもアルミホイルで作ります。

f0207213_17271671.jpg


初心者なりに高速でかき混ぜてます。

バターがクリーム状になるまでしっかり混ぜましょう。

f0207213_1729789.jpg


干しブルーベリーを投入。

今年最後の貴重な干しブルーベリーだから入れるのはちょっとだけ。笑

f0207213_17314532.jpg


これで私は一安心。

あとはオーブンとお菓子作りのプロにお任せしましょう。

うちのオーブンは温度調節ができないので私では手に負えないのです。

f0207213_17365951.jpg


完成☆

今までは生ブルーベリーを入れて焼いていたのですが、焼くと潰れて粒が残らないんです。

それが干しブルーベリーは粒がそのまま残ってておいしい!

来年からはブルーベリーはこうやって保存しておこうと思います。

そしてお菓子作りもたまには挑戦しよっかな!?


ついでに残った卵でプリンを作ろうとレンジでまわしたら爆発しました。あらら



ikumi
[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-08 17:52 | 事務所日記

うれしい電話♪♪

事務所でパソコンをにらんでいると携帯が鳴った。kitobitoさんからの電話・・・・
「現場がなにか?」そう思いながら、「はい、お世話になります~!!」

「今、他所の現場からの帰りです。改造現場で、コンクリートの基礎がボロボロなんです~」

       ・・・・・その基礎を私になんとかして欲しいの???・・・

「叩くとぽろぽろ崩れて、その基礎は勿論改修するんですけど・・・」

ふんふん・・それで???

「その中で、一箇所だけ石の基礎があったんです。そこだけが、ビクともしないんです♪」

「そこだけが、輝いて見えました♪」

・・・・・なるほど!!!私たちは間違ってないんですね!!!
なんだか、私までその輝いた石基礎が目の前にあるような気がして嬉しくなりました。
併せて、kitobitohouseの石の基礎が浮かんできました。

オイルショックの頃の仕事らしく、一瞬我が家の事を思いました。
「帰ったら叩いて見ます。」そういって、笑いながら電話を切りました・・・。
[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-04 19:44 | 建築現場

干しブルーベリー

近藤様に教わりました。
ブルーベリーも干せばドライフルーツになる。

そういえば、以前生協でドライフルーツを買ったら、中にブルーベリーの干したものがあって、摘んで食べるには小さすぎて、面倒臭がりの私は一気に袋から口に流し込んで食べました。どうせ、アメリカかタイ辺りの原産だと思いながら・・・・・。

言われて、終わりかけの木からありったけもいで、秋の弱い陽射しに何日も干しました。
アリ退治が大変で、死体を転がしておけば寄ってこないからと何匹かをいけにえに。

そうしたら、これがなかなかイケル。
用心に、冷凍保存します。お菓子の材料に、ヨーグルトにかけて朝食に。用途はいろいろです。
来年はこれに限ると今から楽しみ。竹製のザルを買うつもりです。
f0207213_18172162.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-02 18:18 | ガーデニング

土に還る・・・・

『永井建設の家造り』は基本が「木と土」です。そして、それを造るのは職人と呼べる大工と左官。
どの現場もゴミの大半はかんな屑です。だから、現場に踏み込む時、ボードを切るときは別ですが、それほど汚れを気にしません。埃がしても、普通に呼吸ができるのです。
『kitobitohouseの家造り』の基本は、『土に還る』です。
細かい納まりの都合でついボードを使うことを考えるのですが、「土が付かないなら木でいい。」という施主の発想の転換がしっかりと造り手をリードしてくれています。だから、現場がとても気持ちがいい!!これこそエコロジーです。
職人も、「木と土を使っていかにきれいに仕上げるか。」きっと、無意識のうちにそれを感じてくれていると思います。こんな自然の理にかなった家造りがどうして廃れてしまったのでしょうね。

先日、布団わたの打ち直しをしました。信頼できる布団店に古い布団を持ち込んで、打ち直してもらい敷布団と肌布団を作りました。化繊わたは打ち直しができません。だから、古くなると焼却処分しなければなりませんが、本物の綿わたは打ち直すと更に何年も使えます。
子どもの頃、祖母と母がお正月前になると何年に一回か布団の縫い直しをしていました。綿は、街の綿屋さんで打ち直してもらいます。畳だってそうです。藁の畳を夏には干して使い、表替えをして使い、古くなったら畑に置くとアッというまに堆肥になります。
リサイクルやエコなんて単語は今頃使われていますが、昔はそれが普通だったんですね。
これは、綿の花です。こんな柔らかい優しい色をしてるんですよ。しぼむと、綺麗なピンク色になります。
f0207213_194752.jpg
花が終わると緑色の実になり、だんだん膨らんで熟れてきます。茶色になって割れると中から白い綿が出てきます。
f0207213_196173.jpg

今、事務所の裏庭で育っています。
[PR]
by nagaikensetsu | 2009-09-01 19:10 | 建築現場