<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長~い夏です

暑い暑い夏がなかなか終わりそうもありません~長期予報では、9月までこの暑さは変わらないとか;;;
それでも、ここ数日の夕立で朝夕は風に涼しさを感じられるようです。都会では連日熱帯夜ですが田舎の山の中は暦をめくるように、秋の虫が鳴き始めています。開けっ放しの窓から入る風に不便な山暮らしに束の間の感謝をささげます・・・・・。
夏休みは、やっぱり今年も宿題を溜めてしまいました。
ブログの写真が山のように溜まって、書きたいことがどんどん増えて・・・・・
仕方ないので、やっぱりまとめてしまいました。
辛抱して最後までお付き合い下さいませ・・・・・・(最後が良いです!!)

さて、

去る、8月4日に『あいだ名倉堂接骨院』が無事オープンしました。
f0207213_2221924.jpg
f0207213_2224494.jpg
f0207213_2215342.jpg

地元英田は、とても不便な地域にもかかわらずお年寄りは、自分で運転して通える病院の少なさに苦労されています。この度の名倉堂の開院を、皆さんとても待ち望んでおられました。
そんな、診療施設の開院に関わらせていただいて、本当に光栄でした。


三年前完成してスローハウスにも掲載させて頂いた『数奇屋風の家』に門と塀を造らせて頂きました。
門の施工は経験がなく、会長の知識を借りての施工でした。家とのバランスに苦労しました。
f0207213_22151012.jpg
f0207213_22154777.jpg
f0207213_2216484.jpg

主張せず、貧弱に見えず・・・本当に門は難しい


去年引渡した時からジッと待ってくださった、『津山の家』にも塀ができました。
かなどこや」さんにアイアンでデザインしていただき、ブロック塀はジョリパットの左官仕上げにしました。
アイアンの力強さと、塗り壁のシャープなラインがステキです。道路に接近していて、おまけに道路より1200程度高いGLに、どうすれば、建物のイメージを壊さないようにできるか、これもまた考え悩みました。
f0207213_2226264.jpg

見に行ってホントにホッとして帰りました。


kitobitohousuでは、最後の外構工事にかかりました。
井戸を掘って、残りの敷地に山土を敷きこみました。kitobitoさんは、土に混じった石をとても喜んで下さって、「こんなに感謝されるとは???」
f0207213_22293948.jpg

とっても庭が広くなりました♪水も流せるようになって、残るは外壁の仕上げです。


この夏はブルーベリーが豊作で、最後に収穫されたものはざるで干されて干しブドウになりました。
f0207213_2236447.jpg

この夏は、耳から涼しさをもらいながら仕事ができました。明珍火箸の風鈴はほんとによく鳴る風鈴です。
f0207213_2237933.jpg
同級生の友人が土地探しで来社。こんなお客様の同伴でした。名前は「姫ちゃん」事務所にすぐ慣れて、後から帰って来た社長とスタッフは不法侵入者のように、吠えられてました。
f0207213_22372395.jpg



そして、こんなうれしいお便りが♪♪♪
f0207213_22373674.jpg
浜野の姫たちからです。
『浜野の家』は施主の奥様の家に同居されていました。つまり、ご主人はマスオさん(ごめんなさい・・)
優しくていつも二人の姫に寄り添っているご主人(マスオさん)と、明るくってでも、頼もしい、チョッピリ「おきゃん」な奥様(サザエさん)。マスオさん一家は、『サザエさん』みたいにあったかいご家族の暮らしぶりでした。違っていたのは、タラちゃんが居なくて姫二人、カツオ君が大人だということ・・・かな?。
いつ伺っても、玄関が全開状態で「こんにちわ~」とご挨拶すると、そのまま居間に上がっていける・・・・そんなステキなお宅でした。
奥様のお父様(ナミヘイさん)は温厚でいつも笑顔の頼りになる方。(髪の毛はふさふさですが・・・)
お母様(フネさん)は手芸やお菓子作りがお上手。シフォンケーキをよくご馳走になりました。(ずっと若いですが・・・)
カツオ君が社長と私の共通の友人。豪快な体格と飲みっぷり食べっぷりの若者。
そして、家造りに花を添えてくれたかわいらしい二人の姫たち♪(そうそう、猫のタマ(ドンナちゃん)もいたな・・・)二人の姫は私の事を「木の家のおばちゃ~ん」・・・と呼んでくれました。

玄関に飛び出してきて歓迎してくれた二人の姫たちの愛らしい笑顔が、今度は新居の玄関で見れるかな?

おかげで現場が終わるのが寂しいくらい、楽しい現場でした。本当に、ステキな出会いを頂けた事に感謝です。これからも、ちょくちょくお邪魔させてくださいね♪


 そんなこんなで今年の夏は大忙しでした。大雨警報の中棟を上げた弓削の家は、外構工事を残すばかりとなりました。まだまだ外の暑さは容赦なしで、意地悪い太陽の下での作業が続いています。発熱と下痢を伴う熱中症の症状で2人が休養しました。みんな本当に大変です。日焼けを気にして影に影に・・・なんてできない現場作業に、頭が下がります。早く涼しくな~ぁれ!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2010-08-25 23:17 | 建築現場

・・・・・・同居中

f0207213_2020519.jpg

夜になったら我が家の網戸には、こんな模様が現れます。それが時々移動します・・・・。
窓を「バン!」と叩くと、ボタッと落ちる。
でも夫は、「カワイイもんじゃ。そっとしといてやれよ。」
そう、言われて虫を追う時を見ていると案外カワイイかも。
困った友人や、変わり者の名前を付けて呼んでみたり・・・・・。でも・・・・・・
昨日、倉の掃除をしました。ikumiが「キャァ~!!!!」壁に!!!!!
そのうち慣れて掃除を完了した頃、倉の戸を閉めたトタン、「ボタッ」頭になにやら重たい感触・・。しかも、動かない・・・・・・。ナニ??手で払うと、なんともいえない感触の物体が飛んだ!!
飛んで着地して、ガニマタで逃げていく様子を見送りながら「モウ!!」とつぶやくワタシ・・・。
思い出してもゾッとするけど、首筋や背中に落ちなくてヨ・カ・ッ・タ・・・・・
f0207213_20202479.jpg

こいつ、『ポチ』です。会長の愛犬デス。前科は数え切れず・・・・・。
我が家の番犬??です。愛犬のゴールデンレトリーバー『ローズ』が亡くなって一年半になります。今は、こいつが一匹になりました。優しかったローズに比べて、オバカで至って性格が悪い。俊が3回、棟梁が1回、製材のオッちゃんなど、ズボンが破れるほど、広島から来られたeguti設計の先生のズボンを破って、その先生、破れて素足が見えながら新幹線で帰って行かれ、スーツを弁償。
そんなポチをikumiが「車で轢いた!!」と泣きそうになって帰ってきた。なんでも、首輪を抜いて彼女と夜のデート中ikumiの車の前に突然現れて轢いたというんです。懐中電灯を持って現場に行っても何も居ない。「帰って来るよ」と慰めて暫くして休みかけたら、「帰って来てるけど足が痛そう」と言うので見に行ったら、右足を伸ばしたまま。
仕方なく、夜間診療してくれる動物病院に入院・・・・。翌日行ってみたら「怪我をしていない、なんで腫れたのか原因不明だが、外傷は無いし骨にも異常なし打ち身も無い。マムシなら、頭まで腫れるし・・・・」
結局不明のまま、スキップしてる;;;;;困ったポチデス。
f0207213_20204598.jpg

庭の菜園??にとうもろこしが生りました。
[PR]
by nagaikensetsu | 2010-08-13 21:11 | 建築現場