<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新年会

年末の延期になった忘年会=新年会が先々週22日にやっとできました。

折角各職工が一同に会したのにただ宴会では勿体ない???

そこで、『KYトリオ』による安全学習『KYT講習会』をしました。

まず、土木監督のトモクンが、KYTとは何かの説明

次に、大工志を代表して俊がKYT学習の内容の説明

そして、「空気の読めないタークン・・・・」と言われながら(読めない人は他にもいますが)

土木総監督の小坂田がまとめをきっちり・・・・・。

常に危険と隣り合わせでいる事の自覚を改めて確認し、日ごろの健康管理をはじめ、事故を

未然に防ぐ気持ちを持って作業に臨んでほしいですね。

・・・・・・・・・・・そして、和やかな食事会に移りました。

f0207213_1528652.jpg

慣れない司会につい、発表中の写真を忘れていて、食事が始まってから「こんな感じポーズ」
をしてもらいました。・・・・下では、社長以下すでにいい気分・・・笑っています。
ホントはもっともっと真剣でしたよ。

f0207213_15304919.jpg


若者たちの笑い声が心地よく耳に響いて、みんなの雰囲気が盛り上がりました。

二次会三次会と延々・・・・。棟梁の「カ・エ・リ・タ・イ・・・」が

お開きの合図となって解散したのが2時半
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-30 15:37 | 事務所日記 | Comments(0)

勝田の家は・・・今

勝田地区に入ると、休み明けに降った雪が、まだ道沿いに残っています。

かき寄せた雪がなかなか融けないので現場の建物周辺はビチャビチャしています。

それでも中では、吹抜けの手すりができ、腰壁も貼られて、収納の棚材料も入って

着々と完成に向っています。

土壁もはらはらしましたが、凍みる事も無くゆっくりいい感じで乾いています。

この時期は昔から「寒はしやぎ」と言って、湿度が低いので乾燥条件がいいそうです。

外壁腰は、杉板の横貼りです。この上に、オスモで着色します。
f0207213_1436063.jpg
f0207213_14362389.jpg
f0207213_14364015.jpg

今日は、左官も入って外壁のモルタル塗りの準備が始まっていました。

f0207213_14404486.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-25 14:44 | 建築現場 | Comments(0)

実振動台実験・・・2

伝統構法委員会のメルマガより、私たちが見学に行った翌日の実験の様子が送られてきました。

公開日翌日の1/21には、1/20の加振で損傷した1通り、5通りの1階の土壁を乾式土壁で補修、
また1通りとい通りの1階に乾式土壁の小壁で補強し、偏心を小さくしました。

建築基準法では「想定外」の巨大地震として、JMA神戸波3方向(100%)を入力し、
「建物の中にいる人の安全確保」するための崩壊限界の検証を行いました。

最大層間変位角は、1層が1/21、2層が1/24。
柱脚の移動の最大値は、長辺方向120ミリ、短辺方向189ミリ

補強により、偏心が小さくなりねじれ変形が小さくなり、
また1層と2層の変形もバランスが良くなりました。

少しの補修や補強で、巨大地震でも、大きく揺れはするものの、
建物は崩壊することもなく、しっかりと建っていました。
こちらも、多少の手を入れれば、住み続けることができる結果となりました
記録映像をご覧ください。

建物に振動をかけると柱はしなりながら木組みからうめき声が聞こえてきましたが、揺れながら、移動しながら揺れが止まると、しっかり元の家のかたちをとどめて元に戻ります。最終的には、修復可能な状態で実験は終了したようです。
思った程の壁の剥落も少なく、改めて筋交いの必要性が無いことにも気付かされました。
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-24 19:29 | 事務所日記 | Comments(0)

実大振動台実験

1月20日兵庫県三木市に実験を見に行ってきました。
f0207213_118993.jpg

石場建て、土壁、二階建ての実大模型に振動を与える実験です。

二階建ての実験を見るのは初めてなので興味津々。

私たち一般の見学者は3階からの見学でしたがかなりの迫力でした。



伝統構法特有の石場建てにおいて柱脚の移動が上部の建物に

どう影響するかは重要なことです。

私たちが見たのは、極めて稀に発生する地震動で約震度6弱程度のもの。

柱脚は多少移動していましたが、上部躯体はほとんど影響なし。

びっくりするくらいしなっていましたが、

それも振動を吸収するためで、伝統構法の重要な利点です。

今こういう建物がまた見直されてきている中、

この実験はとても重要な参考資料になるでしょうね。



今回の会場は高速インター下りてすぐだったので近くて楽チンでした!
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-24 11:42 | つぶやき | Comments(0)

伝統構法を学ぶ

昨年より、滋賀、京都とikumiを連れに伝統構法の勉強会に参加しています。

金沢のシンポジウムはさすがに、断念しましたが、ネットによる中継を聞くことができ

資料をプリントアウトして見ながらの臨場感と共に、学習しました。

その時心に残った事は、唐招提寺の保存修理に関わった方の話の中に

歴史的建築物がなぜ今日までもってきたかという問いに対して

「大事に使って、傷んだところはきちんと繕うという極めて当たり前のことが

基本となる。」

『昔の大工は千年もつ建物を造ったのではない。千年もたせる価値のある建物を

造ったのである(坂本功)』があたっている。・・・・・と

お寺や神社、五重塔を建てたいとまでは思わないけど(・・できない・・)

どんな小さな家でも、建て主やその家族にとっては、世界でたったひとつの城となる。

そんな、瞬間に立ち会うものとしての役割を強く感じます。

明日は、三木市である実振動大実験を見に行ってきます。

1/13(木)-14(金)実施の実大震動台実験 試験体no.3の記録ビデオ公開

を、参考までに


伝統構法の建物のキーワードである「復元力特性」が
今後、科学的にもより明らかにされ、その結果
伝統構法らしい設計法が構築されていくことに期待しましょう。(伝統構法委員会メルマガ 019より)
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-19 11:55 | 事務所日記 | Comments(0)

安全管理

昨年末までの2年間に、車両の接触事故2件、作業中の怪我3件の発生がありました。

どれも、小さな不注意が招いた事故でした。その都度、当事者との反省会はしていたのですが、

今回、小坂田・永井トモ・俊の3人に『KYT研修会』に行ってもらいました。

ただ行って聞いて帰るだけでなく、周知してさらに実践するために、

レポート提出を義務付けました。

レポート1枚程度は出るか?と思って、下書き用1枚で2枚渡していたら・・・・・

f0207213_1393238.jpg


なんと!!!素晴らしい!!!!!

1月22日の新年会に、発表の場をつくりましょう!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-18 13:11 | 事務所日記 | Comments(0)

大雪・・明日は雪かき

土曜日の夜から続いた大雪は今朝、美作市北部に40~45cmの大雪を降らせました。
安全の為、勝田の現場はお休み。
様子を見に午後から社長と行って見たら・・・・・
f0207213_1839367.jpg

f0207213_18394831.jpg


明日は、雪かきの準備をして行くように、お願いしたことです。

日曜日には、こんな可愛いお客様♪イッセイくん
シロフォンで遊んでくれました。

f0207213_18411557.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-17 18:43 | 建築現場 | Comments(0)

ちょっとオバカな車選び・・・

実はね、去年からそろそろ車を替えようかと思い始めています。

年末の忘年会で、Kさん(車大好き人間)に相談すると・・・・・

  「車っていろんな用途と考え方があって、同じ買うならちょっとオバカな車に乗ると

  自分自身も変われるよ・・・・。たとえば・・・・アルファロメオとか~・・・・・。」

  「仕事でお客さんのところに行って、その人がオバカな車から降りてきたのを見た

  相手が、あれって思う・・・。それから、この人何を言うのかって・・・・・。」

  「そこが、そのタイミングが大事」「ふっと気持ちが和らぐ。」・・・・・・

お酒の席ではあったけれど、妙に納得した。

なぜって、自分に一番欠けている要素かもしれないって思えたから・・・・・・。

お正月休み最後の日、「オバカな車」を見に行った。

アルファロメオはさすがにちょっと砕け過ぎ感いっぱいで「うぅ~ん・・・・・」

やっぱり、自分には無理かな????と思った・・・

9年前にVWPOLO に三年乗った。その間、3回のリコールに遭って

煙は吐くは、エンジンの回転が走っていてダウンするは、最後は下り坂でエンスト

プッチン切れて6年前TOYOTA パッソを買った。(今、17万1千キロ)

足回りとブレーキは今でもPOLOが一番好きで、パッソは世界のTOYOTAだから

故障知らず・・・・・・。でも、走っていて少しも楽しくない・・・・・・。

  車と同じで、我武者羅に走ってきたからなぁ~ 

今度車を買う時は、走っていて楽しくなる車がいいなぁ~

人って、生きていく過程でふと立ち止まって振り返ったり考えたりするタイミングが

必ず巡ってくる。

出会った人のふとしたひと言だったり、恥ずかしい大失敗だったり、悲しい出来事だったり。

みんな、神様がくれたチャンスかもしれない。

それと、今悩んでいる事・・・・・

    このブログの文字のフォントが何故かいつの間にか小さくなったこと??????

     直らない~??????
 
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-15 19:18 | つぶやき | Comments(0)

『とんど』から

神棚や玄関のお飾りを下ろして火を焚き、煙にあたって一年の健康を願う『とんど』の日でしたね。
竹で大きな円錐状の束をつくり、点火し大きな焚き火をします正月お飾り、
習字の書初め持ち寄り炎の中に投下します。
この焚き火周りで、飲食をして火が消える夕方まで談笑するのが習わしだったそうです。
なんとも、のんびりとしたものです。
そういえば、「書初めを書いて、火に入れて上に上がれば上手になれるよ。」と祖父母に言われ、
一生懸命書いたものです。そうそう、お飾りのダイダイを焼いて食べると風邪をひかないとか、
墨を顔に塗ると健康に過ごせるとか、その火で焼いたお供えのお餅を食べると良いとか・・・・・。
思い出すと懐かしい気持ちがこみ上げてきます。

今は、そんな習わしも忘れる毎日で、今年も『とんど』は父母に頼んで仕事に出ました。

心の中では、ちょっぴり一緒にやりたいなって思いながら・・・・・。

去年から、かなどこやさんにお願いしていた靴べらスタンドがやっとや~っとできて来ました。
kitobitoさんの靴べらがやっと玄関に居場所が決まって嬉しい!!
f0207213_1973946.jpg


社長が以前から、私の部屋が玄関から丸見えで、お客様にお尻を向けている!!と言われ、
考えた苦肉の策

・・・・でも、以前から藍染をどこかに使いたかったので渡りに舟・・・

藍屋結家さんにお願いしました。イメージは『山、杉、神』木綿や麻でなく、
少しレーヨンが入って光沢のある生地に染めて下さいました。とっても、気に入ってます。
f0207213_19125728.jpg


事務所の中に、手づくりのものがあると、ホッとしますよ。

そんな多忙な日々でも、事務所から見る夕焼けは、心を和ませてくれます。
f0207213_1954576.jpg


さぁ、帰って焼いたお餅を頂こうかな・・・・♪
(毎年母が炊飯器の中に入れて待っていてくれるんです)
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-14 19:22 | 事務所日記 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変ありがとうございました。
年末は人並み以上の多忙な日々を過ごしておりましたが、皆様にはつつがなく新年をお迎えのことと、お慶びいたします。
さて、2011年はどんな一年になるのでしょうか?まず、それぞれの健康を願いたいものです。

2010年を振り返って一番嬉しかったこと・・・・・・・

たくさんの笑顔に出会えた事です。
子どもたちの笑顔は萎れかけた心を元気にしてくれます。「お~ばちゃんありがとう~♪」・・・・お礼を言いたいのは、「ながいのおばちゃん」の方ですよ。
f0207213_15583198.jpg

12月18日は、美作文学祭のお手伝いをしました。あさのあつこさんと三浦しをんさんの対談でした。24年前こども劇場にかかわってからの『あさのあつこの会』の仲間たちとの活動です。行事があれば自然に集い、持ち場持ち場をそれぞれがこなし、和やかに笑い合う仲間たちです。あさのあつこという人に魅かれ児童文学を愛する仲間たちです。
f0207213_15585261.jpg

絵本のよみきかせの会『お話しきしゃぽっぽ』で『人形劇団ののはな』に来ていただきました。乳幼児から小学校2年生までの子どもたちのキラキラした瞳を見て元気をもらいました。
f0207213_16274034.jpg
f0207213_1628070.jpg

高校のバスケットボール部の仲間です。顧問でもあった担任の恩師宅に、37年ぶりにお邪魔しました。奥様の手料理で迎えて頂き、「大人になって結婚したらこんな家庭を作りたい」と憧れた事を思い出しました。
f0207213_1559620.jpg

そして、このご夫婦。
15坪の新築工事でした。身体の弱いご主人の為に、これから歳を重ねていく不安から少しでも安心して休めるご長男の隣に引っ越す決意をして、社長のところに相談に来られたことから始まりました。一日も早くという思いに反して、計画は農地法をクリアすることから始まりました。それでもなんとか寒くなるまでに完成することができました。
そして、去年一番のこの笑顔。いつ伺っても同じ笑顔で迎えて下さる。このご夫婦から、職人一同含めて感謝される喜びを沢山いただきました。
f0207213_15592455.jpg

完成までにご主人の体調は一時期不安定になり心配しましたが、完成して引越してからは、顔色も良くなってお宅にお邪魔するたびに「建てて良かった。ありがとう。」と言って下さいます。小さい家は温度管理も容易で掃除も簡単、何よりも暖かいそうです。
現場は、私の自宅から事務所に来る道中にあるので、朝は車があるのを確認して「良かった」と思い、帰りは窓から灯りがもれる様子にホッとし、「どうぞいつまでも二人揃って笑っていて下さい」と心の中で祈る日々です。聞いたら社長も同じ思いで見ているそうです。
生まれ育って田舎で住み慣れて、親から受け継いで70余年暮らした家を離れる寂しさは、歳を重ねる程大きく悲しいものかも知れません。ご主人を思う奥様と奥様の思いやりを理解して受け止めた優しいご主人。なんだか、胸が熱くなりますよね。高齢化社会と日本の住宅事情両方の今後の課題を感じます。

そして今年も、それぞれの思いをしたためて頂いた年賀状やメールをパワーに、エネルギッシュに過ごします!!!(家造りは好きですが、人との心のふれあいがたまらなく好き・・・・・)
ひとり一人、住む事へのこだわりや思いは違いますが、やっぱり最後は“笑顔”です。
一年一年笑顔がこころに積み重なっていくように♪
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-01-02 17:13 | 事務所日記 | Comments(0)