<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

かんかん橋を渡ったら

中国山地から流れ出た支流の支流にかかる橋『かんかん橋』そのかんかん橋を渡るところに住む人たちの人間ドラマ・・・山陽新聞に連載されている「あさのあつこ」さんの連載小説だ。
第1章「ののや」は、真子が父と住む野菜炒めの匂いのする店。そこに集まる人たちの何気ない日々
第2章「お母ちゃん」は、家を出て行ったお母ちゃんと、店でたまご焼と野菜炒めを作るお父ちゃん、そして、お父ちゃんが迎えに行った奈央さんの事
第3章第4章「遠い人」「遠い人Ⅱ」は、戦争末期の菊さんと菊さんのご主人、そして、それらを囲む人々
第5章「雨が止んだら」「雨が止んだらⅡ」は、ののやの客和久くんの恋

時代は現代と過去を見つめている。そこに生きる人たちを、なんだか身近に感じて、自分や昔見た風景といつの間にか重なっていく。何でだろう?
菊さんの戦争末期のあの重苦しさは、読んでいて、重く悲しく辛い過去。
真子を残していったお母ちゃんや残された真子、そして何も言わないお父ちゃんのそれぞれの奥底にある優しさ。子どもを連れて逞しく生きようとする珠美とそれを見つめる和久くん。

先月、「集まれ本好き」で「かんかん橋」について聞いた、あさのさんのお話し。
重く悲しい戦争の時代の事は、決して忘れてはならない事。だから、書くんだ・・・と。
読者がなぜか、自分や昔の記憶と重ねている・・・・。


この作品には一人も有名人もスーパースターも登場しない。
でも、なぜか読んでいて身体の奥から温かくなって力が湧いてくる。
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-05-31 20:17 | つぶやき

施工者冥利に尽きる一日

先日、プランの参考と永井建設の家造りをみて頂きたく、お客様とOB施主の家を2件と引渡し寸前の現場1件を同行しました。
まず、心配したのが「生活中」「お休み中」「引渡し後経過している」・・・・・きっと、困ったって思われるかな?
ご迷惑だろうな?? そんな心配をしながらメールを送信してみたら、
「OKです。時間を知らせてください。物置だけど!!」
「私も見せていただいて参考にしたので、いいですよ。汚いですが・・・」・・・の、お返事
ありがたや~♪
一件はご夫婦で、案内してくださって、一件も奥様が駐車場まで空けててくださって、きれいに掃除された2階のトイレや書斎・寝室まで開けて下さって・・・・・。「協力してあげよう」と言う暖かな気持ちが伝わって。

久々に訪れた『旧現場』は懐かしく、皆さんにお会いできた事も嬉しくて嬉しくて♪桧の床がいい色に焼けていたり、かわいい姫たちがちょっぴり成長していたり・・・・・。
「木の家」に住むことを楽しんでくださっている様子が伝わって、「お客様そっちのけ」だったかも?
それ程、悦びに浸った一日。きっと、お掃除が大変だったでしょう。ありがとうございました。

先日、引っ越した現場では・・・
奥様がTELで、「ホントにステキで!!ステキなお家をありがとうございました♪」

なんだか、涙が出そうになった・・・。やってよかった~♪また、頑張れそう!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-05-31 19:32 | 建築現場

お仕事の状況は・・・・

さてさて、なんと長い間ホームページを開くことすら出来ずにいた事か・・(休眠?春眠?)

ほったらかしの間に事務所は花盛りになりました。

ピエールドロンサール
f0207213_16232714.jpg

デビッドオースチンのアブラハムダービー
f0207213_16234750.jpg

ゴールドバニー
f0207213_16244682.jpg

初夏を告げるエゴ 大木になるのが楽しみです。
f0207213_1624691.jpg

・・・・・・・~な~んて 花を愛でている暇も無い一ヶ月でした。

「地鎮祭にカマ・鋤・くわを用意して下さい。」・・・そう言われる事が最近よくあって若い衆に相談したところ
「ええっすよ、作ります。」快い返事。「ホント?ありがとう!!それじゃ3人で一つずつね。」
仕事が終わってから、それぞれに時間を調整しながら・・・こんな立派な道具が出来ました。一番に出来たのがタッキーの鍬、作った事があったらしい。俊の鋤は、これも桧の一本物で反らせた作りで結構大変だったらしい。塾生の高山君は、小さなカマの役をもらって、私が「同じ作るならカマらしく曲げてんな」なんて、言ったもんだから一番大変だったらしい・・・・・。
でも、おかげで起工式、地鎮祭で活躍しました。
f0207213_1642149.jpg

妙覚寺経蔵起工式 
f0207213_16434716.jpg

北方の家 地鎮祭
f0207213_16451921.jpg

楢津の家 地鎮祭
f0207213_1646474.jpg

そして、勝田の家は完成間近・・・。外では車庫の工事に、中では建具や左官が;;;
f0207213_16501164.jpg
f0207213_16502473.jpg

束の間の休憩
f0207213_16505016.jpg

宮谷神社の本殿は小さいけれど古い立派な造りです。
f0207213_16523782.jpg
f0207213_16525167.jpg
f0207213_16543387.jpg

風雪にさらされて、傷みが酷くなったのを見かねた氏子の方が会長に相談に来られ、屋根を掛ける事になりました。初夏の陽射しがキツイこの日、ここでも若手が活躍していました。
f0207213_16565086.jpg

「ねぇ、高山君みんなが帰って来て座る椅子とティテーブル作ってくれない?」・・・と、以前から頼んでいたら、椅子が出来てきました♪次はティテーブル・・・待ってるよ♪
f0207213_1705595.jpg
f0207213_1711233.jpg

チャッカリ名入り・・・♪   ありがとう・・みんな♪
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-05-22 17:05 | 建築現場