<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

9月25日の上棟

実は、9月25日一宮で上棟でした。
敷地がウナギの寝床のように長いので、当然建物も長い~。

北の道路側が美容院になる予定の店舗。
そこから繋がる住宅部分・・・・・。
f0207213_19445878.jpg

クレーンの竿が一番奥は届かないので、人力でまず奥から建てていきました。
ここでも、若手の俊、タッキー・高山の3人が活躍します。
f0207213_19433145.jpg

大黒柱は風水で縁起の良い八角形
クレーンの力を借りながらの作業で登り梁も組んでいきます。
f0207213_19465391.jpg
この日も、事故無く無事に棟が上がりました。屋根仕舞いが終わるまで油断は禁物・・・いや、完成まで!!
f0207213_19481560.jpg

大黒柱も満足そうなおたふくさんを担いでいます♪
この日のお弁当は岡山のちらし寿司。
f0207213_1956747.jpg

昔、備中のお殿様ある日、岡山藩主、池田光政公が民衆に言いました
「質素倹約を奨励する。おかずは今日から一品しか食べちゃだめ!」
おかず一品はさすがにさもしいと考えた賢い民衆たちが
「これなら文句は無いでしょ!」
とごはんに野菜や魚を混ぜて一菜としたのでした
チラシ寿司の誕生後か、詳しく知らないけど怒った殿様から
更に「ご飯の上におかずを乗せるのも駄目!」という嫌がらせみたいな禁制が出た。
で、備前岡山の庶人は益々反抗的になって知恵を絞り
“酢飯の底に具を敷き詰めて上は米だけの倒置形寿司を開発した”
f0207213_19563142.jpg


……今でも岡山の「祭り寿司」は酢飯の下に豪勢な具が敷き詰められているのだって。
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-23 19:58 | 建築現場

長い間の出来事パート2

2週間夫が出張で不在だった。
夫は即ち社長なので、会社に社長が長期不在なのは大変不安でもある。
何事もなく過ぎるようにと祈る・・・・。
祈りながら・・・・・「こんなに離れて暮らすのは初めてのこと。」
「出産のときでも一週間強だったな・・・・・」
「寂しいのかな???」
「いや!!!ひとりじゃ♪」
「寝る起きるも食べるも・・・・TVだってチャンネルフリー」
「何処に行こう!?」「何をしよう!!??」

そんな楽しげな空想に浸っているうちに、引渡しに奔走して気がついたら2週間経っていた;;

そして今日帰って来られる;;;;『お疲れ様』と、まず言おう。

母が10月31日に膝の手術をした。
今日、外泊で帰ってくる。
だから、娘がいないと父と二人。帰ったら寝ているし、朝食で一緒になるだけの生活。
ある日、カレーを作ったらつい5人分作っていた。何日も食べた。
一人暮らしってこんな感じなのかとフッと思った。

もうすぐ母が退院するとまた5人分の食事に戻る。
有り難い事なんだな。

先祖墓の移転の話が持ち上がり、偶然にも「永井家の系図」なるものに巡りあえた。
宇多天皇の時代から始まっている系図は寛永4年で終わっていた。
江戸中期らしい。
武士の家系だったらしく、僧侶になった人もおられたようだった。
絵空事なのか、引き継がれたものなのか。何人かの人が書いたのは筆跡の違いと紙が一度継ぎ足され破れも裏から貼られて一文字書き足してある。大切にされていたのは推測できた。
途中から永井の姓に変わったことも書かれていた。
そして、一番嬉しかったことは、最後『民間に下る』と書かれてあった事。
侍を辞めて一人の人として生きようとされたのか。ホッとした。

もし本当なら、「位」とか「血筋」とかの真実よりもこの系図を今に残してくださった事への感謝でしかない。自分自身に流れている血は遥かなる昔より引き継がれしもので、あわ粒のように突然生まれたものではない事を改めて思った。このことは、地球上に住む全ての人に共通することでもあるんだな。みんな今を大切に、出会いを大切に生きなければ!!

建部の現場に行く途中、トイレ休憩で立ち寄ったセブンイレブンのドアを開けたら、正面に知人が立っていた。思わず抱きついた。
彼女は親戚に嫁いできた人で、夫と死別して岡山市内に住んでいて5年程前に息子が病気で急死し、引きこもっていたらしく、逢いにも行けず居場所も分からずにいた。
店を出て立ち話をして、立ち直った様子に安心して別れた。
        建部の家引渡しのうれしい日の出来事だった。

87歳と96歳のゲートボール夫婦と話しをした。明るかった。泣き言を言わない若々しい夫婦に元気をもらった。

52年も生きていたら、いろんな時代の流れに翻弄されているのが少しだけわかる。
今日は、愛育委員の講演で80才の新井愛育委員長の「100歳まで生きる人生設計」の話しを聞いた。
80才から見たら52才なんて子どもなんだろうな。

なんだか無茶苦茶忙しかったのに、時代劇のようなスパンの出来事に気付かされ、自分の存在と今を生きることについて考えさせられた2ヵ月だった。
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-19 14:35 | つぶやき

長い間の出来事

遂に2ヶ月も更新できなかった・・・記録更新
この2ヵ月の出来事を、遡ってUPしました。以下遡って読んで下さい。
私は元気でした。
9月から11月、美作市の募集する健康教室に1ヶ月に2回計6回コースに行きました。
有酸素運動がいい。腕を振って1歩を 身長-100 で歩く(かなり大股)
そう聞いて、裏の堤防を15分歩くことにした。
体重計を買い、歩数計を付け、歩いた。1ヶ月したら、身体が軽くなって2キロ減!!
腕を振るので、肩こりが違う♪
そのうち忙しくなり一日200キロ車で移動する生活に、歩数計は一日3000歩しか延びない。
体重を計るまもなく帰ったら寝てしまい、歩こうにも事務所に着いたら真っ暗。
11月までの1ヶ月は歩けない日々に逆戻り。
あ~ぁ体重キープ?減量?  いったいどうなるこの身体~;;;;;
早く元の生活に戻さんと!!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-18 22:35 | つぶやき

北方・建部現場 完成

工期を同じにしたはずは無いのに、しかも、遅れて完成したのに?????

なんで同時期なんじゃ;;;

f0207213_21391142.jpg


11月15日大安に泊まられた建部の現場の施主さまに、翌日ご挨拶に伺った。

新しいキッチンの前で、コーヒーをよばれて、主人自ら柿をむいて下さって、奥様に焼ソバまで作っていただき、おじいちゃんからはお礼にお酒を託り・・・・

なんて気持ちの温かい引渡しの一日の終わり。

f0207213_21393739.jpg


北方の現場では、苦心賛嘆、ログ壁に職人は4人懸かりで
f0207213_21462172.jpg

苦労の末に完成!!
設計者アトリエ珠さんが完成見学会を企画
11月12日、13日のこと・・
f0207213_21501920.jpg

洗面台のモザイクタイルがカワイイ、このカウンター下地は大工の力作
f0207213_2151968.jpg


見学会のお客様『あやのちゃん』
子どもは、本当に気持ちのいいものを知っている。感じる力がある。
杉のフローリングの上に降ろすと、こんなに早くハイハイしたことは無いってご両親がびっくりするほど伸び伸びと這い回ったの♪
         この日一番嬉しかった出来事♪
f0207213_21524230.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-18 21:56 | 建築現場

10月のある日のこと・・・

10月13日
仕事に追われ、現場周りに明け暮れる日が続いていた。。。
机に向かいながら、出かける用意をする手をふと止めて窓の外を見たら
大好きなフジバカマが咲き始めていた。

その花の上にフワリと蝶が舞い降りた。あれっつがい?

瞬間、ぱっと飛び、ふわっと舞い降りる様はまるで天使

f0207213_21191913.jpg


思わずカメラを持ち出しシャッターを切った。心が軽くなった。

10月15日
建部の現場は遠く山道で、よそ見をしようものなら谷に山に・・と、大変な道
この日は珍しく社長と同行したので、助手席でのんびり
ふと、紅蕎麦を食べたくなって昼ごはんは『紅蕎麦亭』で
満腹になって、蕎麦の花が見たくなったので、無理を言って蕎麦畑に寄り道
紅蕎麦の花は本当に紅色だった。

f0207213_21252214.jpg


10月22日

事務所に子どもの笑い声が響いた。
心地よくて、心が柔らかくなっていくのがわかった。
f0207213_21285321.jpg


10月26日

御津の妙覚寺の現場からの帰り道
ホトトギスというパン屋を見つけた。
イギリス人のサラさんたちが作るパンは自給的パン屋
作れるものはみんな作る。無農薬。
そこの天然酵母で作ったパンはそれほどパン好きな方ではない私が美味しいと思うパン
今日はベーグルとカンパーニュを買った。
だから、この日のランチはオープンサンド

f0207213_21351961.jpg


ここの粒アンパンは絶品!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-18 21:36 | 事務所日記

薪ストーブ

10月8日キンモクセイの香る日
f0207213_2195240.jpg

11時から薪ストーブの『初火入れ』をするので是非・・・・とのお誘い

兼ねてより外壁と内装リフォームをしたお宅からの招待メールに喜んで出席

kitobitoさんの「薪ストーブとは」の薀蓄の後、火入れ

f0207213_216496.jpg


そして、ランチまで楽しませて頂きました♪

f0207213_21105755.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-18 21:11 | 建築現場

さんまの会

夏も終わりの10月1日・・・北方の現場では、施主様自ら炭を熾して『さんまの会』でした
「みなさんで!!!」のお誘いに快く社長まで引っ張って参加
もちろん職人はこの日は全員(俊は残念ながら結婚式でしたが)そろって北方の現場
お昼になりました。
f0207213_20154220.jpg
当然世間は正午。。。。。隣は2階建てアパート
、前は住宅。。。。
まだまだ、網戸が心地よい風をお家に運んでくれる季節デス
秋刀魚ですから当然匂いと煙は日本の食文化の象徴デス

ふと気がついたら、窓が閉められ何故か新聞紙まで貼られた?????

それでもなんのその

f0207213_20172845.jpg


オイシカッタ~♪ 
[PR]
by nagaikensetsu | 2011-11-18 20:18 | 建築現場