<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

kitobitohouseのキッチンが♪

ある日、突然こんなお知らせがメールで・・・「見てみて!!」
f0207213_14332457.jpg

なんと、ミーレフォトコンテスト入賞だそうです。
f0207213_14345227.jpg
趣味が高じてしまうほどのキッチンなんて楽しそうで、羨ましい!!!
きっと、『ゴーストライターみっちゃん』のコメントが効いたんですね。
いつか美味しいカンパーニュを頂きに伺いたいものです。
おめでとう!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2012-11-24 14:38 | 事務所日記 | Comments(2)

うれしい出来事♪

実は、タッキーが怪我をして休んでいました。
一時は、みんなでお見舞いに行く程心配したのですが、晴れて全快して退院したのが先月下旬の事。
誰ともなく快気祝いの話しが持ち上がり(ホントは楽しく飲む会がしたかった人たちの発案??)
タッキーからのお礼の挨拶、奥様ゆうこりんに花束贈呈??となんだかみんなノリノリで、
楽しい飲み会となりました。
f0207213_20405259.jpg
社長専務も混ぜてもらって、和気藹々みんなの笑い声が心地よいひとときでした。

事務所のロフトはちびっ子たちにはホントに人気です。
この日も、鏡野から来てくださった、ゆうとくんにりょうくん。
前に遊んだことをしっかり憶えていて、一番に駆け上がりました。事務所に可愛い笑い声が響きました。
f0207213_20465720.jpg

そして今日、俊の長女唯愛ちゃんの七五三でした。
晴れ着を着て遊びに寄ってくれました。晴れ着のままさっさとロフトに上がって遊んで帰りました。
f0207213_20491277.jpg

10月に生まれた妹の知歩ちゃんも一緒です。郁美がだっこしたら、笑ってくれました。
ホントに可愛い!!
f0207213_20513545.jpg

もうじき、お家も完成します。二人とも健やかにいっぱい幸せを掴んでね!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2012-11-17 20:55 | 事務所日記 | Comments(0)

勝北の家リフォーム始まる・・

勝北で築100年以上の古民家改修が始まりました。
石場建てのこの家は、ご両親がこれまで守って来られ、お母様が一人になられた為
退職を期に帰郷されるご夫婦が改修を思いつかれたのです。
f0207213_2031580.jpg
玄関を入ると正面の牛引きは末口の太鼓が尺7寸はあります。
小屋裏に隠れた梁も2尺はありそうです。
本柱は表の和室はケヤキの5寸・・・・・。
とにかくどうやって上げて組んだのか想像するだけで鳥肌が立ちそうな立派なお宅の改修です。
まず、石場建ての命でもある、足回りからの改修です。
内部の土間は掘りごたつの石積みの中に守り神の蛇が棲んでいたほどかなりの湿気でした。
屋根の葺き替えをする際に、腐朽の進んだ柱を処理されていましたが、調整の鉄板が入れられておりそれを撤去してコンクリートの柱石を入れました。
100年間支え続けた柱石は周囲をコンクリートで固定して、防湿シートを敷き土間コンクリートを打ちました。
大引き、タルキは殆ど使えず撤去後雇ホソを入れ交換して込み栓で固定しました。(写真は撤去後)
f0207213_20125259.jpg
100年の間、家を支え続けた石は少しも下がっておらず外周の延べ石の基礎も、大きな切石がしっかりと栗の土台を受けて治まっています。よくよく見ると、全てが土に還る材料でできているのが昔の家です。
尾引き天井に張られた松の板も巾尺3寸はあります。ボンドが使われていないので、そのまま剥がして玄関の床板に使うつもりです。
建具もほぼ使えるものは再利用する設計となっています。
痛んだ木材は腐って土に還るもの、洗って再利用するもの。
この、二者選択の中でできるリフォーム・・・これこそがエコでゼロエネルギーです。
古いサッシ、合板、コンクリート、ビニール・・これらを処分費を払って処分しましたが行く先は??と思うと環境汚染が心配ですよね。
改めて、土に還せる、直して使える『もの造り』を心がけたいと思います。
[PR]
by nagaikensetsu | 2012-11-17 20:30 | 建築現場 | Comments(0)