<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

伝統工法を守る

2010.5.27「伝統構法新委員会 キックオフ フォーラム@京都」を皮切りに数々の実験や検証を重ねてきた「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験検討委員会」に、末端の施工者として参加させていただいていました。石場建てが建てられ易くなるようにする為の検討委員会の完成を待たず建築学会の指針とダブルスタンダードになる危険を回避するため昨年末に倉敷の一級建築士和田洋子さんから「建築学会、検討委員会、実務者」の三者会談をお願いする要望書への署名依頼があって、勿論応援するべく署名していました。詳細な結果報告を都度頂いて、昨日1月15日に三者会談が実現し、建築学会の設計指針の印刷に間に合ったそうです。

ご苦労様とメールを送ったら

相手が会員数3,5000人、年間10億の予算を持つ、権威もお金もある巨大法人なので、「マンモスの行く手をアリンコが阻もうとする」ような暴挙だと揶揄する方もいらっしゃいました。「誰のための、何のための研究か」を考えた時に、難しい工学的事項を実務者に役立つ形で社会へ還元する事が、学会や研究者の使命であると思います。
現在、検討委員会でも設計法作成の最終段階に入り、設計法に携わっている委員は年末から正月返上で働いています。
私はこれまで岡山と広島で石場建ての確認を出しましたが、構造の専門家である適判判定員ですら石場建てや限界耐力計算を理解していない人が多いため、たかだか住宅規模でも2ヶ月まるまるやりとりが必要でした。
標準設計法が4号規模住宅に適用する事ができれば、壁量計算よりは面倒ですが、伝統構法はとても建てやすくなります。
何とかそれを実現できるよう、現在困っている実務者の方々の力になれるよう、後2ヶ月頑張って参ります。

・・と、こんな熱いメールが帰ってきました。なんて、カッコイイんでしょう!!
アリンコでも、壮大な宇宙を夢見ることはできます。思いの大きさはマンモスも凌ぐことも出来るでしょう。

私はここ数年は専ら伝統構法を設計しております。
これからも、二度と在来工法を設計する事なないと思います。
伝統構法の設計は難しくて構造計算も面倒です。
それでも伝統構法に拘るのは耐震性能に優れ、維持管理が容易で、素材や意匠が魅力的だからです。
何より、建て主さんが喜んで下さるのが嬉しいのです。
しかし、大工さんや職人さんの技術がなければ、図面はただの「漫画」です。

・・そう語る和田さんに、勇気をもらいました。

和田さんのfacebookは

http://www.facebook.com/bajane1515
[PR]
by nagaikensetsu | 2013-01-18 19:14 | 事務所日記

現場は順調デス・・キウイは?

勝央の家では、大工工事も終盤に入り、タッキーが高い吹抜けの天井を仕上げています。
藁葺きの屋根裏を解体したところ、充てにしていたスス竹が使えるものが思ったより少なく、考えた末に、黒竹を知人に切らせていただいて使うことにしました。黒い柱に黒い梁、往時を偲ぶ煤けた家を残したいと言う施主のたっての希望で、天井はヨシズを塗装して黒竹とスス竹を交互にとめていきます。
f0207213_16431460.jpg

勝北の家では、間仕切りができてDKの天井高さも決まり、玄関の框が入りました。
ここは、一時の洋風リフォームで隠れていた一抱えもある梁や尾引、大黒柱もその姿を現しています。左官仕上げが楽しみです。手前にある梁や尾引きは洗いにかけました。木のそのままの色がきれいです。
f0207213_1775296.jpg

そして、円見邸はと言えば・・・・・外部は吹き付けが終わり、内部は収納棚も出来て塗装も終わって今日は一部クロス部分が終わり、左官に壁を仕上げてもらうのを待ちかねています。

製材所では、会長率いる製材班が、松の梁や杉の尾引き桧の柱や山桜まで年末に持ち帰って製材され処狭しと天日干しされています。木が好きな会長は、「どこにどう使おうか」と、ワクワクしているのでしょう。「おい、家の注文とってこいよ!」「はぁ~い・・・」
f0207213_17151321.jpg
天然桧とモロ松の節柱は佐用の端山材木店にお願いして剥いてもらいました。
f0207213_17202625.jpg

干していたキウイはこんなになりました。
f0207213_17212388.jpg

乾燥しても種だけは憎いほど縮みません。種が目立ってグロテスクな雰囲気。食べるとキウイです。クッキーなんかに混ぜるといいかも??チョコでコーティングしたら?とも思ったけど、ごまかさずキウイのそのまんまを受け入れて食べることにしました。酸味と甘味が凝縮されてます。
3㎜厚にカットしたので、約5~6枚食べるとキウイ1個を食べたことになる・・用心用心
[PR]
by nagaikensetsu | 2013-01-16 17:32 | 建築現場

ドライフルーツ・・・♪

f0207213_15304333.jpg
これはなんでしょう?
見てのとおりキウイデス・・・。
たくさん貰って、袋の中で熟れてくるし、もったいない!!!
そこで、
f0207213_15321838.jpg

なんとしてでも、加工しようと調べたところ
3㎜の厚さに輪切りにして、クッキングペーパーで水気を吸収・・・・今朝から寒風に晒して干してます。
3日程で乾くとか????ホンマかなぁ~
f0207213_15354644.jpg

今日の天気予報は雨・・・でも、美作はこんなに青く澄んだ空・・・・
高く高く吸込まれそうな空に、ハナミズキの実の赤がきれいです。
[PR]
by nagaikensetsu | 2013-01-10 15:40 | 事務所日記

2012年も終わり、さあ!!2013年が始まる!!

一年で止めてはいけないと、今年も餅つきを実施しました。
一日早く現場を上げて、28日は朝から餅つきの準備にかかりました。
昼から雨になると、天気予報が言ったというのに、朝から雪になりました。
なんちゅうこっちゃ!!・・・止める訳にはいきません。(餅米洗ってますから・・)
f0207213_16374393.jpg

作業場に会場を移し、シートの屋根を設置して準備完了!!棟梁も、今日は火の番人
f0207213_16342356.jpg

若者たち搗き手は、お構いナシに元気いっぱい
掛け声役、杵取り役、搗き役に運び役・・・役割分担ができて賑やかです。
f0207213_16455588.jpg

一年に一回のことだから、段取りが今一つ・・・。
午前中は元気だった彼等も、午後からはパワーダウン・・・
次回の検討材料が多く残りましたが、力を合わせて賑やかに一年の締めくくりができました。

そして、大晦日
f0207213_16493276.jpg

去年から総代を引き受けた父に代わって大芦高原にある妙徳寺に、二人で除夜の鐘を突きに行くが、恒例となりました。
住職も居ない、小さなお寺で腰の曲った総代長さんが準備されるこの行事に、焚き火を頼りに集まって来られるのは地元上山の檀家の人たちです。
永井建設が昔建てた本堂で般若心経を拝んで、今年は2回ずつ突かせて頂きました。
焚き火を囲んでなじみの顔に逢い、何処となく家族的な雰囲気の中で、たあいもない話をして『108つ』を待って、午前零時を向かえ、「明けましておめでとうございます。」と挨拶して、新しい年が始まりました。

新年のお雑煮を頂きながら、みんなの掛け声と笑顔を思い出しました。
2013年、あの元気があれば、なんでも乗り越えられそうな予感がしました。
みんな、ありがとう!!今年も、宜しくお願いします!!!!!

時間に追われる日々を、暦の区切りは少しの時間を止めてくれます。
来た道、行く道を、暫し立ち止まって考える時間を、与えてくれるように思えます。
自分を見つめなおし、反省多し・・。
そして、新たな毎日が始まる!!
[PR]
by nagaikensetsu | 2013-01-02 17:15 | 事務所日記