セカンドハウス上棟完成までの一年を振り返って・・・

4月27日、田んぼだった敷地に地盤改良をしました。
杭は、杉の心材を防腐処理した環境杭です。この杭によって建物の荷重を地盤に伝え支えます。
f0207213_16294593.jpg

5月、ようやく基礎にかかれました。完成現場の外構や、やれ漏水だ、コンクリート打設だと数ある現場のやりくりですが、チームワークで乗り切ります。
f0207213_16344012.jpg

並行して、加工場では、若手の高山が墨付けを始めています。
小さいけれど、和室もあり住宅としては立派な仕事です。
f0207213_1638444.jpg

6月26日上棟。その現場現場での責任者は一人ですが、建てる時は全員心を一つに安全第一で向き合う充実した一日です。施主さんの喜ぶ顔や声を聞きながら、完成に向かってのモチベーションもこの時からUPしていきます。これは、施主さんにとっても同じことでしょう。
f0207213_16431616.jpg

この現場では、住宅でも用途が少し違っていますから、キッチンも大勢が集まってワイワイと囲めるようにアイランド式ですが、ガスコンロと調理スペースを壁に配置しました。予算もローコストなので、調理台は大工特製の棚に、オーブンを入れ、カウンターはタイルを張りました。シンク側がkitobito で。
換気扇は、板金屋さんに無理をお願いして手板金で製作。
f0207213_1773490.jpg

f0207213_16505673.jpg

この家のシンボルは出節の通し柱
f0207213_16551117.jpg

階段は『ストリップ階段』釘を使わず指します。
吹き抜けの手すりや現しの昇り梁もすべて「ここの事務所のように」とのご希望どおり。
f0207213_172840.jpg

この冬は、きっと賑やかな笑い声が表まで聞こえてきそうです。
f0207213_17114633.jpg



by nagaikensetsu | 2016-12-07 17:08 | 建築現場
<< 『家族のパレット』視線をずらす... 一念発起!お詫びとご挨拶とお知らせ >>