ペットと暮らす・・・リビングで共に

去年声をかけて頂き、今年の寒い2月に見積、春に着工、完成目標は連休前。。。のこと・・・
f0207213_1647710.jpg

同級生とは、有難いものです。カッコいい言葉で表すならば『信頼関係の構築』が短時間で済むかもしれません。ですが、友達は失いたくないですよね。だからこそ、『きちんとやる』この当たり前の工程は変わらないのです。ですが、伺う時間とお茶する時間が長かったのは仕方ないかな;;;;。
ワンコとニャンと孫と娘、みんなで一緒に過ごしたい。けれど、一人の時は、趣味の手芸もリビングで。
こんな注文で伺いました。部屋は18帖・築10年、それにしても、激しい傷み。先代のワンコのシワザらしく、キッチンがかじられている。ひ~い・・・こんなにならないようにするには、ホーローしかない;;;;;
そんな選択肢を並べることから始まりました。
f0207213_1675674.jpg

施工前はL型対面キッチンでしたが、対面の長所をそのままに、ワンコの動線を考慮したら、アイランドキッチンになりました。勝手口が裏側の端に付いていたので、半間ずらして冷蔵庫を並べ、背面全部が収納になるようにしました。採れない柱は入れ替えて生き節の檜に。
f0207213_16133643.jpg

それぞれのゲージをリビングに置きながらも、孫たちが遊んだり、お茶会が出来たりのゆったりリビングにするには・・・・・?階段の下や、収納の下や、TV台の代わりにしたり・・・。
f0207213_16182921.jpg
f0207213_16191233.jpg
f0207213_16202779.jpg

隙間という隙間を可能な限り活用しました。収納棚はご希望通りで、手芸の箱がきちんと納まり、箱ごと出し入れができます。床を滑りにくいペット用D社のわんぱくフロアーを採用しましたが、ワンコが大き過ぎで、体重と運動量が半端じゃなくて、『転ぶ』。これには残念ながら効果がありませんでした。(学習できました!)でも、傷と水には強いので、やはり、この現場には、無垢より新建材の方が正解でした。
f0207213_16233696.jpg

キッチン打ち合わせの手違いで納期が遅れて多大なご迷惑をおかけするというあってはならないハプニングで、喜んだのはちびっこだったらしいですが、友人のお財布は予定外の出費(毎日外食)だったと察するのでした。
こんな、信用喪失事件も、職人力がカバーしてくれました。
友人のコレクションのフィギュアを、TEL、LANの収納を兼ねたニッチも、円見は扉を工夫して、可愛く仕上げてくれました。
f0207213_16431567.jpg

2階と1階のトイレの手洗いも交換することに・・・。2階はアンちゃんがトイレが楽しくなるようにと金魚鉢で
f0207213_1650402.jpg

1階は落ち着いた雰囲気に。。。この自動水栓、にゃんこが水を飲むのを覚えたそうな;;;
f0207213_16515656.jpg

友だちだから言えない苦情もあったことだと思いますが、『やって良かった。喜んでいるよ』と、言ってくれた友人は、優しい人だと、改めて感謝したのでした。工事が終わってしばらく居たチョコちゃんは、広いリビングでくつろいで休み、しばらくして天国に行ったそうです。
f0207213_16594780.jpg

友人みっちゃんの趣味のひとつペーパークラフトのカゴ作り。設計で収納棚をかごに合わせる苦労はありませんでした。
f0207213_1702561.jpg

[PR]
by nagaikensetsu | 2016-12-14 17:05 | 建築現場
<< 尾引きの造作は・・・ 『家族のパレット』視線をずらす... >>