締めくくりは新しいスタートのバトン

f0207213_14551175.jpg
年末は、恒例餅つきで締めくくりでした。土木基礎班が工期に追われている為、今年は建築班の若手3人と、大棟梁を火焚き掛かりに任命し、バイトの澤谷君が助っ人で来てくれて、何とか全員に杵つきの餅を託ることが出来ました。
f0207213_14544941.jpg
年末発送した『60年誌』懐かしい方々から、嬉しい感想を沢山頂きました。そんな中届いた手紙。
2010年に老夫婦二人の為の13.2坪の切妻の家の施主様からの手紙です。
息子さんの側で付かず離れず暮らしたいと、生まれた家を移住者に売却して建てた家でした。
ご主人は、その2年後に他界され、奥様が一人で趣味の余生を送られています。主人からのプレゼント『small castele』小さなお城・・・ご主人への思慕と感謝が綴られています。
人が住み、生きる暮らし。。家を建てる時、プランを考える時、
ここまで深く先をイメージできただろうか??と自身に問いかけたくなります。
年誌を編集しながら頭の中で沢山の振り返りの作業をしていきました。
そして、改めて新しい年に向かい、この手紙の重さを心に留めたいと思うのです。
f0207213_14554831.jpg
新しい命のために、これからも、「安全安心笑顔が集まる家づくり」をしたいと、        強く思う正月です。
どうぞ、今年もよろしくお願い致します。


[PR]
# by nagaikensetsu | 2017-01-01 15:25 | 事務所日記

年の瀬なんて関係ないよっ!

f0207213_19470273.jpg
「12月31日までお仕事で、今日しかお休みが無いんです・・・。」
そんな施主さんとの、プラン打ち合わせ。ベビー同伴で、毎回事務所においで下さる、有難いお施主さんです。私のデスクは、杉の集成材を2枚繋いで4mあります。パソコン2台並べて、更に今日はベビーベットスペースが残るのですよ。今日は活躍してくれました。孫のプレイマット二つ折りで敷布団に。おむつ交換も楽々。寝かせて遊ばせながら3時間、お利口さんのベビーでした!

[PR]
# by nagaikensetsu | 2016-12-27 19:54 | 事務所日記

尾引きの造作は・・・

f0207213_19292628.jpg
カメラマンが、あまりに素敵なショットを撮ったのを見て、真似しましたが・・・・
ダメでした;;が、これから、二階の床が張られるところです。

[PR]
# by nagaikensetsu | 2016-12-21 19:43 | 建築現場

ペットと暮らす・・・リビングで共に

去年声をかけて頂き、今年の寒い2月に見積、春に着工、完成目標は連休前。。。のこと・・・
f0207213_1647710.jpg

同級生とは、有難いものです。カッコいい言葉で表すならば『信頼関係の構築』が短時間で済むかもしれません。ですが、友達は失いたくないですよね。だからこそ、『きちんとやる』この当たり前の工程は変わらないのです。ですが、伺う時間とお茶する時間が長かったのは仕方ないかな;;;;。
ワンコとニャンと孫と娘、みんなで一緒に過ごしたい。けれど、一人の時は、趣味の手芸もリビングで。
こんな注文で伺いました。部屋は18帖・築10年、それにしても、激しい傷み。先代のワンコのシワザらしく、キッチンがかじられている。ひ~い・・・こんなにならないようにするには、ホーローしかない;;;;;
そんな選択肢を並べることから始まりました。
f0207213_1675674.jpg

施工前はL型対面キッチンでしたが、対面の長所をそのままに、ワンコの動線を考慮したら、アイランドキッチンになりました。勝手口が裏側の端に付いていたので、半間ずらして冷蔵庫を並べ、背面全部が収納になるようにしました。採れない柱は入れ替えて生き節の檜に。
f0207213_16133643.jpg

それぞれのゲージをリビングに置きながらも、孫たちが遊んだり、お茶会が出来たりのゆったりリビングにするには・・・・・?階段の下や、収納の下や、TV台の代わりにしたり・・・。
f0207213_16182921.jpg
f0207213_16191233.jpg
f0207213_16202779.jpg

隙間という隙間を可能な限り活用しました。収納棚はご希望通りで、手芸の箱がきちんと納まり、箱ごと出し入れができます。床を滑りにくいペット用D社のわんぱくフロアーを採用しましたが、ワンコが大き過ぎで、体重と運動量が半端じゃなくて、『転ぶ』。これには残念ながら効果がありませんでした。(学習できました!)でも、傷と水には強いので、やはり、この現場には、無垢より新建材の方が正解でした。
f0207213_16233696.jpg

キッチン打ち合わせの手違いで納期が遅れて多大なご迷惑をおかけするというあってはならないハプニングで、喜んだのはちびっこだったらしいですが、友人のお財布は予定外の出費(毎日外食)だったと察するのでした。
こんな、信用喪失事件も、職人力がカバーしてくれました。
友人のコレクションのフィギュアを、TEL、LANの収納を兼ねたニッチも、円見は扉を工夫して、可愛く仕上げてくれました。
f0207213_16431567.jpg

2階と1階のトイレの手洗いも交換することに・・・。2階はアンちゃんがトイレが楽しくなるようにと金魚鉢で
f0207213_1650402.jpg

1階は落ち着いた雰囲気に。。。この自動水栓、にゃんこが水を飲むのを覚えたそうな;;;
f0207213_16515656.jpg

友だちだから言えない苦情もあったことだと思いますが、『やって良かった。喜んでいるよ』と、言ってくれた友人は、優しい人だと、改めて感謝したのでした。工事が終わってしばらく居たチョコちゃんは、広いリビングでくつろいで休み、しばらくして天国に行ったそうです。
f0207213_16594780.jpg

友人みっちゃんの趣味のひとつペーパークラフトのカゴ作り。設計で収納棚をかごに合わせる苦労はありませんでした。
f0207213_1702561.jpg

[PR]
# by nagaikensetsu | 2016-12-14 17:05 | 建築現場

『家族のパレット』視線をずらすと・・・

百日紅の花が満開の夏の頃、絵の具のパレットのような真っ白な家が完成しました。
f0207213_18221410.jpg

完成写真というのは、外観やリビングやメインルームに注目が集まります。ちょっと視線をずらすと、職人たちの工夫が見えてきます。尾引き天井は天井が2階の床になります。(昔の家のお蚕さんの為の小屋裏の造りが尾引き天井です。)尾引きの構造材を全部見せて天井代わりの床板30㎜を張っています。一番苦労するのが、電気工事です。このおしゃれなペンダントも、昔の配線で使われたガイシ引きの工法です。
f0207213_1928458.jpg

リビングから玄関への建具は、杉材で障子の組子の中でも砕けた感じの障子のデザインにしました。子どもたちがのびのび過ごせるように、杉の腰板をつけました。
f0207213_18355919.jpg

和室の内障子も間仕切りと揃えて組子を吹き寄せにしました。
f0207213_18441242.jpg

水廻りの建具は、シナ合板を底目地にして、框風。立体感を出しました。
f0207213_18471929.jpg

明りの欲しい勝手口への引き戸はツインカーボで軽量安全に心がけました。
f0207213_18491419.jpg

水廻りですが、トイレは男の子もいるので、掃除し易さを考えて床はタイル張りです。手洗いの付くカウンター側の壁もモザイクタイルで可愛らしく仕上げました。水の飛び散りも安心です。
f0207213_193595.jpg

洗面所のカウンター下には扉を付けて、掃除道具や洗剤も楽々です。ご主人の小物もこの下に入れられていました。内貼りも杉板張りです。
f0207213_198610.jpg
f0207213_1991213.jpg

1坪の納戸には押入れ棚を付けポンポン放り込める『ナンゾ隠し部屋』です。
f0207213_19141482.jpg

2階子ども部屋は4畳半ですが、ロフトに繋がる勾配天井で空間の豊かさを実現しています。「押入れが取れない分、ロフトが欲しい」と仰る施主さんが増えています。大人や高齢者には不便な梯子の上がり降りも、子どもや若者にとっては、ワクワクする空間なのです。学習机も、TV・PC台を兼ねて造りつけました。その横にそれぞれW1500のクローゼットを用意しましたから、洋服の整理は自分でできるようになるかしら?
f0207213_19202194.jpg

玄関の格子も、塗装職人が現場で調色して、玄関ドアに揃えました。
f0207213_1930529.jpg

1月に上棟して、途中急ぎの現場完成に職人を投入したこともあり、真冬から真夏まで通って完成した家です。造成の為に移植された庭木で残ったのが、ハナミズキ3本と、この百日紅(サルスベリ)でした。
これから、家族と同じ毎年毎年花を咲かせ、時を刻んで成長するんですね。
f0207213_1935103.jpg

[PR]
# by nagaikensetsu | 2016-12-12 19:36 | 建築現場