初めまして・・・

「ブログ」なるもの、詳しいことは解らないけれど、日々更新する日記であるらしい???
そんなレベルで始めます。(今日は大安一粒万倍日デス♪)

ブログを開設したら更新しないと!!と担当者に言われつつ、日々の仕事に追いまくられて一度は撤収されました。リベンジを願い出て再度の開設、今度こそ!と今日の日です。

 まず、永井建設の建築とは・・・・・。
在来工法、軸組みの家づくりです。
構造材は、自社の山や地元の林業家が伐りだした原木を自社の製材機で製材にかけ、大工が手刻みで加工し建てる。 プレカットと大工の手刻み、どこがどう違うのか理論的に効率的に考えればプレカットに軍配が上がるだろう。それでも私は印刷された柱より大工の付けた墨が好き。棟上でなかなか入らない継手や仕口に難儀をする様子が好き。なんの苦も無く組み上がるプレカットより、差し金と図板一枚で曲った梁と柱が組みあがっていく。何度立ち会っても大工の凄さに胸が熱くなる。鏝一本で壁を塗る、左官も又凄い。

 人が生きる上で、一番必要なもの。それは、人の繋がりです。”環” とはめぐって終わりの無いかたち
施主様と私、職人と私、職人と職人、社員と社員、皆が繋がって初めてひとつの形が造られるのです。
自分ひとりでは何も造れないから、それぞれを繋ぎ合わせる役割を担いながら、なんとかその場に居合わせたい。いろんな人たちに背中を押され、切磋琢磨の毎日です。    
[PR]
# by nagaikensetsu | 2009-04-16 14:19 | つぶやき